単身赴任を終え不用品回収を依頼

私は都市近郊に本社工場や事業部スタッフの拠点があり、これほど不用品回収で神戸から他に関連工場が立地すると言うメーカーの技術部門に勤務していました。新製品開発を行い、地方工場で本格的に量産に入ると、その立ち上げ等で、本社工場から3~5年程度地方の関連工場に転勤すると言う経験を3回しました。
3~5年間暮らすとなると、それなりに家具や家電製品を買い揃える必要があり、現地で毎回購入しました。そして単身赴任を終えると、自宅に戻るのですが、その際にどうしても不用品が出てしまいます。
神戸から不用品回収を認めるにはどうしてもテレビの様に一家に何台あっても使用できるものや、掃除機の様に比較的小型のものは、持ち帰り使用したり、保管しておくことが可能です。
しかし洗濯機や冷蔵庫や洋服ロッカー等は、自宅に持ち帰っても置き場もなく、活用する事も出来ず、単身赴任先で処分する必要が生じます。また持ち帰って自宅で処分するとなると、引越し荷物が増えて無駄な出費となってしまいます。
そこで単身赴任先から自宅に持ち帰る事が出来ない、こうした家具や家電等は近くの業者さんに不用品回収してもらっていました。
地方の小さな町なので、清掃できないゴミ屋敷を片付けられる神戸業者は始めてお願いした時は、不用品回収してくれる業者さんがあるのか不安でしたが、ネットで調べると数社がヒットし、その中から最寄りの業者さんにお願いしました。
引越し等が少ないと思われる地方の小さな町でも、不用品回収ニーズが非常に多い事を知りました。バタバタと引き払って自宅に戻る引越しに際し、本当に回収業者さんにお世話になったと感謝したものです。