疲れるが楽しい粗大ごみ処分

遠方に引っ越す際にベッド枠や机といった大きいものも含む粗大ごみたちを処分しました。ここでは西宮市も不用品回収できると大きいものは解体しないと運べなかったので家の中でカッターなどを使って解体して外に運び出していました。朝の出勤前という短い時間に何度も部屋と外とを往復してヘトヘトになりながら指定場所に置いていました。時にお隣さんに見つかり「引っ越すんですか?」と声をかけられたりしました。大きいものを運んでいる時に見つかるとちょっと恥ずかしかったです。いろんな種類のごみを処分してとても大変でしたが、この神戸へホームページ制作でもつくることはやり切った時の達成感が大きくて楽しかったです。複数回に分けて粗大ごみを処分する中で、捨てたはずなのに業者から出ていないと電話がかかってきたこともあります。「よくあること」と業者の方は言っていたのですが、ごみとして出したものを知らない誰かが再利用するのはちょっと怖いなと感じました。次からわざと汚して出すようにして、再発を防ぐことができました。世の中にはトラックに不用品乗せ放題のような回収サービスもあります。胃カメラ検査で人気の芦屋のクリニックがどこへ自分で対処可能な量だったこともありセルフで処分することを決めました。結果、業者に頼むよりも安く済んだためこれで良かったと思っています。