大型不用品回収は重労働!

我が家で一番回収が大変だった大型不用品は、「IKEAのテレビ台」です。テレビを固定できる丈夫な背面板と、テレビの下に3つの大きな引き出し、さらにビデオデッキやゲーム機を置けるスペースを備えたタイプです。兵庫で不用品回収を頼むとなるとここ以外には40インチのテレビを乗せてもまだ幅に余裕は有り、地震が来ても倒れることはなく安定した家具でした。その分重量はとても重く、大人二人がかりでも持ち上がりません。そのため、処分する時には大変苦労をしました。私たちが住んでいる地域では、粗大ゴミは必ず道路沿いまで運ぶ必要があります。また縦横奥行合計で180cmまでの家具しか回収を受け付けていません。件のテレビ台はサイズオーバーな上道路まで運び出せるかすら怪しい重量です。解体して運ぶにしても背面板をのこぎりでカットしないと回収してもらえませんが、板がとても厚くしっかり詰まった素材だったため自宅ののこぎりでは無理だろうという結論に達しました。結局色々と相談した結果、引っ越しの際に一緒に不用品を処分してくれる業者(クロネコヤマトさん)にお願いして、運び出しから処分まで全て請負って頂くことにしました。料金は公共の粗大ゴミ処理より3倍以上かかりましたが、手間を考えると仕方の無いことだと思います。皆様も大型家具を購入される際はお気をつけください。