家の中を不用品回収でスッキリ

家の中の置かれている物で、なかなか捨てられない物、ありますよね。今回、実家へ戻ることになり、片付けを頼んでゴミ屋敷清掃できる神戸の業者は実家にある大きな不用品の回収を業者に依頼して、新たな気持ちで新生活を始めることができた体験談をお話します。実父が亡くなったことで、実母が一人で暮らす実家に同居することになりました。私の家族である、嫁・子供の計3人が入ることになりました。同居をするにあたり、家の中をリフォームする為、この際、家の中にある大きな家財道具などの不用品を処分することにしました。まず、業者に相談して、処分費用の概算を出してもらいました。捨てたいのは、古くから使っていた和ダンス、洋服ダンス、居間にあった応接セット等々。どれも時代遅れのものばかりです。あわよくば、何か、価値のあるお宝が発見されて思わぬ買取金額になればと期待してましたが、現実はそのようなことは一切無く、処分代金のみが掛かるという結果となりました。作業は、丁寧に行ってもらい、無事、何とか搬出することが出来ました。途中、大きな洋服ダンスが玄関から出せないというアクシデントがありましたが、業者に洋服ダンスを解体してもらって、何とか運び出してもらいました。最後には、粗大ゴミの処分まで行っていただき、満足しています。お陰様で、スッキリした気分で実家で入ることが出来ました。