不用品回収は業者に依頼するのが楽

以前、大正時代から昭和の古い家具を処分する際に、自分の家の自家用車では家具を積んで廃棄場に運ぶことができなかったので、不用品回収業者さんに依頼することにしました。神戸の不用品回収業者を頼むには大正時代や昭和の時代の家具は、タンスの引き出しなどが歪んでいるので、普段使用することが難しく、デザインも古くて、部分的にシロアリに食べられていたので、早く処分した方が良いと判断したのです。不用品回収業者さんは、個人で経営している人にお願いしました。清掃できないゴミ屋敷を片付けられる神戸業者は中年の男性が一人で、中型のトラックでやってきたのですが、力が強い方だったので、不要な家具を4点と、その他古い布団や雑貨類もまとめて中型トラックに積んで持っていってくれました。なんとその作業時間は、わずか1時間です。不用品回収をなんでも神戸に持ち込むと契約としては、時間制ではなく、中型のトラック1台分の不用品処分という契約内容にしていたので、1台分で1万円支払いました。
不用品処分ができたので、一部屋分をきれいに片付けることができました。実質労働時間は1時間で、1万円は高いように感じる方もいるかもしれませんが、自分で大きな家具を何個も処分する大労働を考えると、プロの不用品回収業者に依頼することが、どれだけ楽なのか?といったことがわかるでしょう。プロの不用品回収業者に依頼して、本当に良かったです。