大型不用品回収は重労働!

我が家で一番回収が大変だった大型不用品は、「IKEAのテレビ台」です。テレビを固定できる丈夫な背面板と、テレビの下に3つの大きな引き出し、さらにビデオデッキやゲーム機を置けるスペースを備えたタイプです。兵庫で不用品回収を頼むとなるとここ以外には40インチのテレビを乗せてもまだ幅に余裕は有り、地震が来ても倒れることはなく安定した家具でした。その分重量はとても重く、大人二人がかりでも持ち上がりません。そのため、処分する時には大変苦労をしました。私たちが住んでいる地域では、粗大ゴミは必ず道路沿いまで運ぶ必要があります。また縦横奥行合計で180cmまでの家具しか回収を受け付けていません。件のテレビ台はサイズオーバーな上道路まで運び出せるかすら怪しい重量です。解体して運ぶにしても背面板をのこぎりでカットしないと回収してもらえませんが、板がとても厚くしっかり詰まった素材だったため自宅ののこぎりでは無理だろうという結論に達しました。結局色々と相談した結果、引っ越しの際に一緒に不用品を処分してくれる業者(クロネコヤマトさん)にお願いして、運び出しから処分まで全て請負って頂くことにしました。料金は公共の粗大ゴミ処理より3倍以上かかりましたが、手間を考えると仕方の無いことだと思います。皆様も大型家具を購入される際はお気をつけください。

遺品整理で不用品回収を依頼

義父が亡くなり一人暮らしをしていた義母が亡くなり、妻の実家の遺品整理をする必要が生じました。不用品片付けのことは神戸の業者でもここと妻の実家は、我が家から電車を乗り継いで2時間程度の郊外の住宅街の一軒屋でした。義父が定年退職後に、夫婦で郊外に移り住んだものです。義父が亡くなった時に、後々の事を考えて、義父の衣類や趣味品や書籍等は全て処分していました。しかしいくら一人暮らしでも、家財道具全てを処分するとなると、やはり大変です。週末に夫婦で出かけて、家庭ごみとして廃棄できるものを現地で処分したり、我が家に持ち帰って自治体のゴミ回収で廃棄処分しました。こうしてこまごましたものは、自分達で処分で着たものの、大型の家電や家具はどうする事も出来ません。そこで業者に依頼しようとネットで調べたものの、土地勘が無くどの業者さんが信頼でき、また近いのかの判断が出来ませんでした。そこで、実家のある自治体のゴミ回収等を行っている環境課に電話して、地元の業者の組合を紹介してもらいました。その回収業者の組合から、実家に近い業者さんを紹介してもらい、不用品回収の依頼をしました。主な不用品を伝え、業者さんに来てもらう日時を調整しました。その際に家電リサイクル法で処分に費用が必要な者については、事前に郵便局で料金を払い、証書をもらって置くように言われました。この指示を聞いて、回収後にしっかりとルールに則った処分をしてくれる業者さんだと、改めて安心しました。信頼できる業者さんに不用品回収してもらう事は、排出者の責任だと思っています。

引っ越しを機に処分ことに

家族が皆自立し、不用品回収なら口コミで今評判の神戸のここで広くなってしまった実家を売り払って市営住宅に住むことに母がなりましたが、荷物整理をしようとしたのですが、なかなか大きな家具などは処分がまず素人では難しいですね。よく洪水被害で使えなくなった家財道具を臨時に、町で処分することがありますがああでもない限りは業者に依頼する他ありません。何より重たい荷物もありますので、業者に頼むしかありませんでした。清掃でゴミ屋敷の片付けを神戸のどこかでもとはそれと大型の廃棄物で一番困るのが車です。手で持っていくわけにいきませんから、業者が手伝ってくれるのと車が不可欠という事でやはりお願いするしか方法がありませんでした。
特にタンスなどは壁にぶち当たったりすると、家を売却するわけですから傷になった場合査定が落ちてしまいます。家をなるべく傷つけず明け渡すという事がどうしても必要です。長年すんだ家でしたが、家族も居なくなって、荷物も出すとこんだけ広いのかと思いました。
あの神戸から不用品回収を認めるにはどうしても 無事引っ越しや、荷物処分も終わって現在は市営住宅に母はのんびり暮らしています。自分でも把握していない荷物があって、そういえばあったな見なくなったとか片付けながらやってました。費用は数万円かかりましたが、車などの手配を考えれば安くあがったのではと思います。

不用品回収の体験談

私が不用品回収をおねがする時に失敗した体験談です。3年前に仕事安定してきて引っ越しをしようとした時に冷蔵庫を買い換えることにしました。不用品回収に料金や相場が神戸ではとても昔から使っていたやつなのでだいぶ古くしかも重いやつでした。新品を買いに家電屋さんで良いものが見つけることができそのまま購入することができました。その時に今使っている冷蔵庫を不用品回収も一緒にお願いしようとしたらまぁまぁのお金がかかることがわかりました。神戸の中でも不用品回収の業者が多いのはちょうど引っ越しや買い換えるもので散財していて無駄にお金がかかってしまうことを恐れていました。
そこが私の大きな過ちだったのです。私は実際にそこで依頼してしまえばスムーズだったのですが、値段い怯み家の近くの不良品回収業者を探すことにしました。そしたらわりと近くに大きめのしかも個人でやっているお店を見つけました。しかも値段は100円。清掃してゴミ屋敷を片付けるには神戸でも少し探してみるもんだなと思いながら運転手の方に説明して回収しにきてもらうことにしました。もちろん新品の冷蔵庫が来る前に回収してもらわなければいけないので午前に不良品回収、午後に新品の冷蔵庫がくるように組みました。
そしたら当日、朝から掃除をして待っていてもなかなかインターホンが鳴りません。そのまま12時になってしまいます。そこで頭にきて業者に電話して確認したら「え、今日でしたっけ?」とすっとぼけていました。呆れて散々確認した予定も狂ってしまい、その日には回収に来れないと言われてものすごく起こりました。しかも新品は家に来てしまい、部屋の中に冷蔵庫が二つもあるなんて一生に一度の経験をした話です。

大型不用品回収!良かったです

家の引っ越しをする時に大型不用品があまりなければ楽なのですが、兵庫でもこんなに不用品回収をするには家具や電化製品など大型不用品がけっこうたくさんあり、こういう物を回収してくれる業者を利用することにしました。自分達でこの大型不用品を処理するのは面倒だと思ったんですよね。ご近所の方が引っ越しをする時に、大型不用品を回収するサービスを利用していたことを思い出したんです。かなりたくさんあったので、業者の方に本当に回収してもらえるのか相談したら、あっさりと「大丈夫ですよ」と言われてホっとしました。引っ越し当日に業者が来て、サクサクと作業が進み全ての大型不用品をしっかりと回収してもらったのでとてもスッキリしましたね。引っ越しするのにかなり時間がかかりそうだなと不安でしたが、思っていたよりも短時間ですんだことがとても嬉しかったです。こんなに便利なサービスがあるとは知らなかったので、ご近所さんから教えてもらってラッキーだなと思いました。うちの不用品はとても多いので、どうしようかとすごく不安だったのですが、悩みが解決して良かったです。転勤族なのでこれからも引っ越しはすると思います。そのたびにこういったサービスを利用しようと思っています。

大型不用品回収の選択肢

大型品が不要になった時、それをどう回収するのか困るという方も多いのではないでしょうか?神戸でもここは不用品回収に限らずには、ゴミとして出すとなると粗大ゴミ扱いとなります。粗大ゴミを出す時はコンビニなどで粗大ゴミ回収用のシールを買って、それを貼って出すなど、自治体で定められたルールに沿って処分する必要があります。今は物を捨てるのにお金がかかる時代です。でも、できるだけお金はかけたくないですよね?この清掃業者を神戸でゴミ屋敷片付け頼むとそんな時に、チェックすると良いのがリサイクルショップに出す方法です。最近は、家具などの大型不用品を買い取ってくれるリサイクルショップが増えています。状態やニーズによって、買い取ってくれる価格は変わってきますが、粗大ゴミとして出すよりも少しでもお金にできるということで、利用する人も増えてきています。どうしても片付けられないゴミ屋敷を神戸の業者にゴミとして捨ててしまうよりも、誰かが使ってくれるならそっちの方が嬉しいですよね?それにエコにもなります。もし大型不用品回収を考えた時には、捨てるという選択肢を持つ前に、一度近くのリサイクルショップで買い取ってくれそうか問い合わせをしてみると良いでしょう。自分にとっては不用品でも、誰かにとっては探していたお宝になるかもしれません。

単身赴任を終え不用品回収を依頼

私は都市近郊に本社工場や事業部スタッフの拠点があり、これほど不用品回収で神戸から他に関連工場が立地すると言うメーカーの技術部門に勤務していました。新製品開発を行い、地方工場で本格的に量産に入ると、その立ち上げ等で、本社工場から3~5年程度地方の関連工場に転勤すると言う経験を3回しました。
3~5年間暮らすとなると、それなりに家具や家電製品を買い揃える必要があり、現地で毎回購入しました。そして単身赴任を終えると、自宅に戻るのですが、その際にどうしても不用品が出てしまいます。
神戸から不用品回収を認めるにはどうしてもテレビの様に一家に何台あっても使用できるものや、掃除機の様に比較的小型のものは、持ち帰り使用したり、保管しておくことが可能です。
しかし洗濯機や冷蔵庫や洋服ロッカー等は、自宅に持ち帰っても置き場もなく、活用する事も出来ず、単身赴任先で処分する必要が生じます。また持ち帰って自宅で処分するとなると、引越し荷物が増えて無駄な出費となってしまいます。
そこで単身赴任先から自宅に持ち帰る事が出来ない、こうした家具や家電等は近くの業者さんに不用品回収してもらっていました。
地方の小さな町なので、清掃できないゴミ屋敷を片付けられる神戸業者は始めてお願いした時は、不用品回収してくれる業者さんがあるのか不安でしたが、ネットで調べると数社がヒットし、その中から最寄りの業者さんにお願いしました。
引越し等が少ないと思われる地方の小さな町でも、不用品回収ニーズが非常に多い事を知りました。バタバタと引き払って自宅に戻る引越しに際し、本当に回収業者さんにお世話になったと感謝したものです。

タンスなど家具の不用品回収

母の遺した桐タンスが実家に鎮座してました。高価な家具だったようで上質なタンスですが、とにかく大きく重くて自分たちではとても処分できません。さすがに業者にお願いするか、でも捨てられてしまうには勿体ない…という、なかなか厄介な家具でした。兵庫で不用品回収を頼むとなるとここではそれならせめて不用品回収でリサイクルしてもらったら、と妹が提案してくれて、業者を探しました。さっそく連絡して数社に来てもらったら、1社は回収費で1万円、もう一社は3000円で回収できるとのこと。3000円を提示してくれた業者に依頼して後日運び出すことになりました。引越し屋さんのように柱や扉を養生した上、丁寧に運び出してくれました。こんなに安くて大丈夫かと聞いたら、自社トラックで自社のリサイクルショップに卸すから安価だという答えでした。かなり重くて大変そうでしたが、業者の皆さんが丁寧に運び出してくれてホッとしました。タンスを取り除いた部屋はとても広くて快適。なんでもっと早く相談しなかったのかと思いました。思い出のタンスもただ破棄されるのではなく、どこかで第二の人生?を歩んでくれるのはとても嬉しいです。どうしても遺品整理は踏ん切りが難しいですが、いつかはやらなきゃいけないことですです。

引越し直前の不用品回収でミス

ずいぶん前ですが、引越しをする際に不用品の回収業者にお願いしたことがあります。そのときに住んでいた家は、郊外だったこともあり一人暮らしでもやや広めの間取りでした。不用品片付けのことは神戸の業者でも中古で購入した大きなタンスを置いていたのですが、次に引越す先は都心部でワンルーム、部屋がだいぶ狭くなるため大きなタンスは置けません。新居にはクローゼットが付いていましたし、そのタンス自体あまり好きなデザインではなかったこともあり廃棄することに決めました。市の粗大ゴミ回収に出そうかとも思ったのですが、「不用品の買取業者」に出せば少しでもお金になるかなと思い、電話帳で探して来てもらうことにしました。神戸の中でも不用品回収の業者がせっかく来てもらうからと、タンスの他にも細々としたもの(確かバッグなど)を一緒に回収してもらいました。そしてトラックへの積み込みが終わったところで金額を言われ、そのとき初めてお金をもらえるのではなく払うことに気がついたんです。トラックへの積み込みは終わってしまっていて、また、すでに新居への引越し期日の直前で今さら市の粗大ゴミ回収をお願いする時間はなく、仕方なく言われた通りに1万円をお支払いしました。清掃でゴミ屋敷の片付けを神戸のどこかでそれが相場と比べて高かったのか安かったのかはわかりません。回収でお金がいただけるのではなく、お支払いすることになることは当たり前なのかもしれませんが、きちんと確認を取れば良かったと後悔しています。

倒れそうな棚を回収依頼し安心

私の家には、たくさんの大型の家具がありました。その家具について、見直すことにしたのです。どうしても遺品整理を兵庫県の神戸でもそれはやっぱり地震のことを思うと、そのままでいいのかと思うようになったからです。最近では、地震が多くこまっていますね。私の地域もいつ来てもおかしくない状況なのです。今のうちに、それらをなんとかすることが必要と感じました。一度固定をして、倒れてこないようにしたらいいと思ったこともありました。しかし見た目が変になってしまうし、そもそもそれが必要なのかと思ったのです。別のところに収納できるのであれば不要なのです。ちゃんと清掃してゴミ屋敷を片付けるには神戸でそこで思い切って、大型不用品回収をしてもらうことにしました。その数としては、キッチンの棚とリビングの棚です。キッチンは、違うところに食器などを全て入れることができました。リビングのものも、移すことができたのです。大型不用品回収をしてくれる業者に連絡をして、回収をお願いしました。直ぐに回収してもらうことができて、本当に助かりました。自分では到底動かすことができないので、無理をしないでプロにおまかせしてよかったと思っています。今は、神戸でもここは不用品回収に限らず部屋が広くなったことと倒れる心配をしないでいいので安心して暮らすことができています。