家の中を不用品回収でスッキリ

家の中の置かれている物で、なかなか捨てられない物、ありますよね。今回、実家へ戻ることになり、片付けを頼んでゴミ屋敷清掃できる神戸の業者は実家にある大きな不用品の回収を業者に依頼して、新たな気持ちで新生活を始めることができた体験談をお話します。実父が亡くなったことで、実母が一人で暮らす実家に同居することになりました。私の家族である、嫁・子供の計3人が入ることになりました。同居をするにあたり、家の中をリフォームする為、この際、家の中にある大きな家財道具などの不用品を処分することにしました。まず、業者に相談して、処分費用の概算を出してもらいました。捨てたいのは、古くから使っていた和ダンス、洋服ダンス、居間にあった応接セット等々。どれも時代遅れのものばかりです。あわよくば、何か、価値のあるお宝が発見されて思わぬ買取金額になればと期待してましたが、現実はそのようなことは一切無く、処分代金のみが掛かるという結果となりました。作業は、丁寧に行ってもらい、無事、何とか搬出することが出来ました。途中、大きな洋服ダンスが玄関から出せないというアクシデントがありましたが、業者に洋服ダンスを解体してもらって、何とか運び出してもらいました。最後には、粗大ゴミの処分まで行っていただき、満足しています。お陰様で、スッキリした気分で実家で入ることが出来ました。

不用品回収を依頼して本当に良かったです。

就職がきっかけで一人暮らしを始めました。しかし、初めの頃は一生懸命掃除をしたり綺麗にしていたのですが仕事が忙しくなってきたのを言い訳に掃除をしなくなりました。元々、兵庫でも不用品回収の神戸の業者とはどこか片付けは得意ではありませんし、掃除も苦手です。そのため、部屋がどんどん汚くなっていきましたが見て見ぬ振りを続けながら数年経過してしまいました。なんとかしないといけないと思いつつ、仕事で疲れ果てていてどんどんゴミが溜まっていきました。ゴミを捨てるのすら面倒で、山のように積んである服の中から着るものを探すのも面倒になってしまい新しいのを買うというような状況でした。ある日、突然親が家を訪ねてきたのですが、あまりの汚さに呆然とされてしまいました。不用品をすぐに処分してほしいといわれましたが、ものすごい数の不用品を二人で処分するのにはかなりの時間がかかります。使いもしないゴルフバックやアウトドア用品のような大型のものもありました。そこで不用品回収業者にお願いをすることにしました。当日、スタッフの方が見積もりを取ってくださりあっという間に不用品を全て回収していってくれたのです。大型の不用品も手早く運び出してくれました。おかげで部屋の中はとってもスッキリとし、気分も爽快になりました。もう2度と不用品をためないように生活を改めていこうと決意しました

思い出を見送るのが不用品回収

高齢者の方々はモノが捨てられなくなっています。それはモノに「思い出」がかぶさるから。兵庫でも不用品回収をするにはこんなにも誰かとともに過ごした記憶がそこにはたくさん貼りついていることでしょう。大型の家財となればなおさらかもしれません。しかし、その方が亡くなった後に残されたそれら家財の多くは、親族にとっては無用のモノ、そう「不用品」であることがほとんどです。大事にしていたんだねぇ…と理解はしても、そのまま残しておいては、自分たちの新しい生活が始められません。そこでやむなく、自分で処分するか専門業者さんによる不用品回収をお願いすることになります。不用品回収…最初は「不用品」という言い方に抵抗を覚える方もいるかもしれませんし、故人が大切にしていたモノに値を付けて処分するなんて!と思う方もいるでしょう。でも…ある例をご紹介しましょう。故人の残した「不用品」が8畳の部屋いっぱいになったという方のお話を聞いたことがあります。昭和の時代に流行った天井まで届く洋ダンス、奥行きも大きなブラウン管のテレビ、巨大な冷蔵庫がなぜか2つ…などのほか、とてもかさばるのが布団類…こんなに使わないだろうにというほどの膨大な量の布団は、専門業者さんでも運ぶのが大変だったようです。当然のことながら回収費用も膨大!「子供たちに苦労は掛けたくない」と言いながら、こんな苦労を残してしまったことを後悔したくないですよね?少しずつでいいから、自分で判断できるうちに身の回りの「思い出」たちとサヨナラしてみませんか?そうすることで、最近話題の「生活ダウンサイジング」や「ミニマリスト的生活」を実現できる面もあるかもしれませんよ?いずれにしても、そんな時は何でも自力で作業しようとするのは大変ですから、「不用品回収」という手段があることを思い出してください。自分で「思い出」たちをちゃんと見送る。それが不用品回収の持つ意味だと考えてみてはいかがでしょうか?

不用品回収のつもりが現金に!

我が家には、骨董品が好きな祖母の影響もあり、古めかしい家具が多数あります。ゴミ屋敷清掃や片付けの神戸といえばここの祖父はだいぶ前に亡くなりましたが、祖母がしっかりと祖父の遺志を継いで生活しています。「私が元気なうちは、若い者の好きにはさせない」というのが、祖母の口癖でもあり、現に祖母も80歳を越えた今でも元気そのものでした。しかしながら、そんな祖母に何らかの心境の変化があったらしく、突然に古い物を処分して家の中をキレイにすると言い出したのです。嫁である私も、てんやわんやの状態になったことはいうまでもありません。この神戸から少しでも不用品回収を減らすには実は我が家には、江戸時代に購入して以来、先祖代々に渡って受け継いできた木製家具があります。これについても処分すると言い出したのには驚きです。ほとんどの物は、自治体の資源ごみとして処分してくれますが、木製家具については、骨董品としての価値があるのではないでしょうか。私は祖母を説得して、骨董品の買取ショップに査定してもらうことにしました。連絡をした翌日には買取ショップの査定スタッフが、大型トラックで来てくれました。片付けできないゴミ屋敷を清掃するには神戸でも電話ではあらかじめ伝えてありましたが、「この家具は良いですね」と笑顔で答えてくれました。自治体の処分なら不用品の扱いでしたが、買取ショップに出せば現金になるので嬉しかったです。

不用品回収はプロに頼むのが一番

急に転勤が決まり、すぐに荷造りを始めたものの、奮発して購入した大型の本棚の処分に困りました。兵庫でも不用品回収となると神戸での 転居先探しに時間をかけることができなかったこともあって、本棚を収容できるスペースの確保が難しい賃貸マンションを契約してしまったからです。愛着はあったものの、処分するしかありません。しかし、問題は、どう処理するかでした。分解するにしても、かなりの大きさです。重量もあったことから、移動も難しそうでした。マンションの8階の部屋からエレベーターへ、1階に降りてから200m程くらい先のゴミの収集場所まで運ぶのは不可能でした。ここで不用品回収をすると神戸じゃここが引っ越しが数日後に迫っていたこともあって、ネットで大型不用品を回収してくれる業者を探しました。思っていた以上に該当する業者が見つかったものの、何を基準に選べばいいのか分かりません。時間的なことと、問い合わせをするのが面倒だったことから、ホームページの印象で決めました。料金体系が明確で、実績例が程良く掲載されていたのが決め手でした。神戸のゴミ屋敷を清掃して片付けするとは不用品を回収してもらうだけと言っても、電話でおおよその費用と作業内容を聞いていただけだったので不安でした。心配は、杞憂に終わりました。依頼した業者は約束の10分前に到着、礼儀が正しかったのと、清潔な作業服を見て、ホッとしました。部屋や玄関、エレベーターの養生を終えた後、すぐに作業に取り掛かると、分解から運び出しまで呆気ないほど短時間で終了しました。30分もかからなかったと思います。費用も電話で聞いていた通リ、部屋にはゴミひとつ残さず、プロの仕事ぶりに感心しました。

自宅の大型不用品回収体験談

数年前に夫婦関係が非常に悪くなり、話し合いの結果別居をすることになりました。不用品回収のことなら神戸のどこでもかんでも元々広い一軒家に住んでいたのですが、家を売って手放し私はマンションに引っ越して一人暮らしをすることとなりました。広い一軒家ですので、非常にたくさんの大型家具がありました。狭いマンションに引っ越しをしますので、持っていくものは最低限のものにしなければいけません。思い出が詰まったものがたくさんあり、思い出してしまうのも嫌なので処分して新しいものを購入することとなりました。引っ越しに向けて準備をしなければならないのですが、どうにかしなきゃと思いつつたくさんの大型家具を目にすると
どうしてよいかわからないと途方に暮れてしまいました。夫とも仲が悪いので協力してもらうこともできず、自分一人ではどうすることもできないので大型不用品回収の業者にお願いをすることにしたのです。当日、来てくれた方に回収してもらう家具を確認してもらい見積もりを出してもらう作業から始まりました。スタッフの方はとにかくてきぱきととても手際がよく、非常にありがたく思いました。あっという間に作業が終わり、全ての不用品を回収してもらいとてもすっきりしました。自分だけでは到底無理だったので業者に依頼して本当に良かったです。

大型不用品回収は重労働!

我が家で一番回収が大変だった大型不用品は、「IKEAのテレビ台」です。テレビを固定できる丈夫な背面板と、テレビの下に3つの大きな引き出し、さらにビデオデッキやゲーム機を置けるスペースを備えたタイプです。兵庫で不用品回収を頼むとなるとここ以外には40インチのテレビを乗せてもまだ幅に余裕は有り、地震が来ても倒れることはなく安定した家具でした。その分重量はとても重く、大人二人がかりでも持ち上がりません。そのため、処分する時には大変苦労をしました。私たちが住んでいる地域では、粗大ゴミは必ず道路沿いまで運ぶ必要があります。また縦横奥行合計で180cmまでの家具しか回収を受け付けていません。件のテレビ台はサイズオーバーな上道路まで運び出せるかすら怪しい重量です。解体して運ぶにしても背面板をのこぎりでカットしないと回収してもらえませんが、板がとても厚くしっかり詰まった素材だったため自宅ののこぎりでは無理だろうという結論に達しました。結局色々と相談した結果、引っ越しの際に一緒に不用品を処分してくれる業者(クロネコヤマトさん)にお願いして、運び出しから処分まで全て請負って頂くことにしました。料金は公共の粗大ゴミ処理より3倍以上かかりましたが、手間を考えると仕方の無いことだと思います。皆様も大型家具を購入される際はお気をつけください。

遺品整理で不用品回収を依頼

義父が亡くなり一人暮らしをしていた義母が亡くなり、妻の実家の遺品整理をする必要が生じました。不用品片付けのことは神戸の業者でもここと妻の実家は、我が家から電車を乗り継いで2時間程度の郊外の住宅街の一軒屋でした。義父が定年退職後に、夫婦で郊外に移り住んだものです。義父が亡くなった時に、後々の事を考えて、義父の衣類や趣味品や書籍等は全て処分していました。しかしいくら一人暮らしでも、家財道具全てを処分するとなると、やはり大変です。週末に夫婦で出かけて、家庭ごみとして廃棄できるものを現地で処分したり、我が家に持ち帰って自治体のゴミ回収で廃棄処分しました。こうしてこまごましたものは、自分達で処分で着たものの、大型の家電や家具はどうする事も出来ません。そこで業者に依頼しようとネットで調べたものの、土地勘が無くどの業者さんが信頼でき、また近いのかの判断が出来ませんでした。そこで、実家のある自治体のゴミ回収等を行っている環境課に電話して、地元の業者の組合を紹介してもらいました。その回収業者の組合から、実家に近い業者さんを紹介してもらい、不用品回収の依頼をしました。主な不用品を伝え、業者さんに来てもらう日時を調整しました。その際に家電リサイクル法で処分に費用が必要な者については、事前に郵便局で料金を払い、証書をもらって置くように言われました。この指示を聞いて、回収後にしっかりとルールに則った処分をしてくれる業者さんだと、改めて安心しました。信頼できる業者さんに不用品回収してもらう事は、排出者の責任だと思っています。

引っ越しを機に処分ことに

家族が皆自立し、不用品回収なら口コミで今評判の神戸のここで広くなってしまった実家を売り払って市営住宅に住むことに母がなりましたが、荷物整理をしようとしたのですが、なかなか大きな家具などは処分がまず素人では難しいですね。よく洪水被害で使えなくなった家財道具を臨時に、町で処分することがありますがああでもない限りは業者に依頼する他ありません。何より重たい荷物もありますので、業者に頼むしかありませんでした。清掃でゴミ屋敷の片付けを神戸のどこかでもとはそれと大型の廃棄物で一番困るのが車です。手で持っていくわけにいきませんから、業者が手伝ってくれるのと車が不可欠という事でやはりお願いするしか方法がありませんでした。
特にタンスなどは壁にぶち当たったりすると、家を売却するわけですから傷になった場合査定が落ちてしまいます。家をなるべく傷つけず明け渡すという事がどうしても必要です。長年すんだ家でしたが、家族も居なくなって、荷物も出すとこんだけ広いのかと思いました。
あの神戸から不用品回収を認めるにはどうしても 無事引っ越しや、荷物処分も終わって現在は市営住宅に母はのんびり暮らしています。自分でも把握していない荷物があって、そういえばあったな見なくなったとか片付けながらやってました。費用は数万円かかりましたが、車などの手配を考えれば安くあがったのではと思います。

不用品回収の体験談

私が不用品回収をおねがする時に失敗した体験談です。3年前に仕事安定してきて引っ越しをしようとした時に冷蔵庫を買い換えることにしました。不用品回収に料金や相場が神戸ではとても昔から使っていたやつなのでだいぶ古くしかも重いやつでした。新品を買いに家電屋さんで良いものが見つけることができそのまま購入することができました。その時に今使っている冷蔵庫を不用品回収も一緒にお願いしようとしたらまぁまぁのお金がかかることがわかりました。神戸の中でも不用品回収の業者が多いのはちょうど引っ越しや買い換えるもので散財していて無駄にお金がかかってしまうことを恐れていました。
そこが私の大きな過ちだったのです。私は実際にそこで依頼してしまえばスムーズだったのですが、値段い怯み家の近くの不良品回収業者を探すことにしました。そしたらわりと近くに大きめのしかも個人でやっているお店を見つけました。しかも値段は100円。清掃してゴミ屋敷を片付けるには神戸でも少し探してみるもんだなと思いながら運転手の方に説明して回収しにきてもらうことにしました。もちろん新品の冷蔵庫が来る前に回収してもらわなければいけないので午前に不良品回収、午後に新品の冷蔵庫がくるように組みました。
そしたら当日、朝から掃除をして待っていてもなかなかインターホンが鳴りません。そのまま12時になってしまいます。そこで頭にきて業者に電話して確認したら「え、今日でしたっけ?」とすっとぼけていました。呆れて散々確認した予定も狂ってしまい、その日には回収に来れないと言われてものすごく起こりました。しかも新品は家に来てしまい、部屋の中に冷蔵庫が二つもあるなんて一生に一度の経験をした話です。